創業明治33年「地元の皆様と共に」をモットーに未来へ

債券

債券

  • 預金においておくだけではもったいないと感じている方
  • あまり大きなリスクは取りたくないが、少しはお金を増やしたいと思っている方

→矢印「長野證券」は専任アドバイザーがお客様の投資をサポートします。

債券は資金調達をする発行体(国、地方公共団体、企業、金融機関など)が投資家から設備投資などの資金の借入れを行い、その証明として、利子の支払いや元本の返済を約束して発行する「借用証書」のようなものです。一般的には発行される時に利率、期間(償還期日)、利払い日、発行価格などの条件が決められています。

国内債券(個人向け債券)

国内債券(個人向け国債)は、日本国政府が発行する安全性の高い債券です。

個人向け国債の特徴

1本国政府が発行する債券 満期時の元本や半年ごとの利払いも国が責任を持って行います。経済環境等により実勢金利が変動しても、元本部分の価格は変動しませんので年利0.05%の最低金利は保証される商品です。
21万円から購入可能 毎月発行されます。ご購入金額をご用意いただくだけで手数料、保護預り管理料などの経費はかかりません。1万円から1万円単位でご購入でき、ご購入から1年以上経過したら、1万円単位での途中換金も可能です。
3選べる3タイプ 変動金利タイプ(10年満期)と固定金利タイプ(5年満期、3年満期)があり、ニーズや投資目的に合わせてお選びいただけます。

個人向け国債の商品性の比較

商品名 変動10 固定5 固定3
満期 10年 5年 3年
金利タイプ 変動金利 固定金利 固定金利
金利設定方法*1 基準金利×0.66*2 基準金利-0.05*3 基準金利-0.03*3
金利の下限 0.05%
利子の受け取り 半年毎に年2回
購入単位
(販売価格)
最低1万円から1万円単位
(額面金額100円につき100円)
償還金額 額面金額100円につき100円(中途換金時も同じ)
中途換金 発行後1年経過すれば、いつでも中途換金可能*4
直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685が差し引かれます。
発行月
(発行頻度)
毎月
(年12回)

個人向け国債の留意点

中途換金は発行から1年経過すれば可能です。中途換金される際には、中途換金調整額(直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685)が、売却される額面金額に経過利子を加えた金額より差し引かれることになります。
詳しくはお近くの営業窓口までお問い合わせください。
当社ではアドバイザーが「契約締結前交付書面」をお渡ししてご説明します。

外国債券

米国ドル建てストリップス債のご案内

ストリップス債は、利付債の利札(クーポン)部分と元本部分が分離され、ゼロ・クーポンの割引債として、額面金額よりも低い単価で発行される債券のことです。
償還日まで保有すると額面金額が償還されることによって、利金相当額を償還差益としてまとめて受け取ることができます。
当社取り扱いのストリップス債は元がアメリカ発行の国債で、日本の国債より格付が高く(Moody’sでAaa、S&PでAA+)、安全性の高い債券です。ただし、国内債券と違って為替リスクが伴います。
購入した時点より円高が進めば、償還(売却)時点の円貨決済で為替差損が発生します。円安に進めば、為替差益が発生します。

ストリップス債の魅力

1複利運用効果があるので、
長期運用にも最適
たとえば、残存期間が24年間の米国国債10万ドルを利付債のまま満期まで保有すると、利息を含めた受取額は約17万ドルになりますが、10万ドル分のストリップス債を同じ期間保有すると、最終受取額は約20万ドルになります。
2相続対策に有効 非課税の範囲内で暦年贈与した場合、現金で贈与するよりも将来的に資産価値を増やせる可能性があります。またライフプランに合わせて償還年限を設定でき、資金が必要になったときに受け取ることができます。

外国債券のリスク

市場の金利が変動することにより債券価格が上下するため、満期前に売却する場合投資元本を割り込むことがあります。
また、為替の変動や発行体の信用状況の変化および格付けなどの外部評価の変化などにより投資元本を割り込むことがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面等をお読みいただき、内容をご確認ください。

お気軽にお問い合わせください

商品の特徴・活用法など専任アドバイザーが店頭・電話・訪問でのご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。