創業明治33年「地元の皆様と共に」をモットーに未来へ

株式

株式

  • 企業の価値や成長に期待して資産を運用したい
  • 第二の収入源として株主優待や配当収入を持ちたい
  • 一から学びながら株式投資を始めたい

→矢印「長野證券」は専任アドバイザーがお客様の投資をサポートします。

長野證券では、専任アドバイザーがお客様のお話をじっくりお伺いしたうえで、口座開設、運用のプロセスを丁寧にサポートいたします。店頭・電話・訪問でのご相談を承っております。
きっと対面営業ならではの安心を実感していただけると思います。
株式のことは、是非「長野證券」までご相談ください。

微笑む夫婦

吹き出し株式は資本経済の血液

株式会社は株式を発行することで資金調達を行い、その資金で事業の研究開発・設備投資・人材開発などを行います。
私たちが株式に投資するということは、企業経済の未来の一翼を担っていることでもあるのです。

株式投資の利益(リターン)について

株式投資によって得られる利益は「売却益(キャピタルゲイン)」「配当金(インカムゲイン)」「株主優待」があります。

1売却益(キャピタルゲイン) 何といっても大きな魅力は、購入した企業の株価が上がり、売却したときに得る値上がり益です。株価は日々上下しますが、情報にアンテナを張り、値上がりのチャンスを狙うことができます。
2配当金(インカムゲイン) 企業利益の一部が株主に配当金として支払われます。現在のような低金利時代においては、預貯金と比べ、高い配当利回りが期待できる企業も数多くあります。金額や回数は企業ごと異なりますし、配当金のない企業もあります。購入前に必ず確認しましょう。
3株主優待 企業が株主に対して、保有時期・持ち株数などに応じて自社製品、商品券、食事券、お得な割引券などを送る優待制度があります。配当金とダブルで実質好利回り銘柄を探したり、身近な生活で使える楽しみもあります。導入企業は1000社以上あります。

株式投資のリスク

株式は預貯金と違って、元本保証の金融商品ではありません。株式投資を行っている方の共通点は、リターン以上にリスクについて学んで管理をしていることです。預貯金など元本保証商品と異なり、リスクも大きくなりますから、ご自身の許容範囲を考えた上で株式投資をすることがとても重要です。

詳しくはお近くの営業店窓口までお問合せください。
当社では上場有価証券等の契約締結前書面をお渡ししてご説明いたします。

お気軽にお問い合わせください

商品の特徴・活用法など専任アドバイザーが店頭・電話・訪問でのご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。